結婚式にはオーダーメイドスーツを

結婚式の際に、フィットしたスーツを上手に着こなすために、オーダーメイドのスーツを着用することを選択肢に入れては如何でしょうか。
オーダーメイドを行う場合は、まず着用する目的や用途、シーン(結婚式やイベントなど)を伝えます。
生地や色についての好みやイメージを伝えることによって、仕立てる生地を実際に見ながら選ぶことができます。
季節に応じて涼しさや暖かさを感じることができる生地を選ぶことが可能です。
生地が決定することによって、裏地やボタンを選びます。
西陣織(内ポケットやフラップ裏などに使用します)やネームの刺繍などを行うことが可能です。
襟の形やベントなどに関して全体的なイメージやデザインを決定します。

採寸時には、シルエットの好み、体型の気になる部分などを相談することができます。
仮縫いによって、選択した生地によって仮に作られた物を着用することで、姿勢や体型などの気になる点を見極め、フィットする様に修正を加えていきます。
完成までは、シルエットやデザインなどを伝えつつ最終確認を行います。
ちなみに、仮縫い時に作った物は一旦バラバラにした後、アイロンをかけてから補正を加えた型紙を作成し、縫製へと入ります。
納品時には完成した物を着用し、確認を行ってから持ち帰ることとなります。
結婚式までに間に合わせる為には、余裕を持った日程で、早めにオーダーすることが望ましいでしょう。
オーダーメイドのスーツをさりげなく着こなしては如何でしょうか。